読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shiunからの手紙

Live different.

トゥクトゥクで中国を旅する破天荒なヨーロッパ人三人組

Day 116:海子沟(haizigou)- 瓦斯沟(wasigou)= 0km

 
f:id:SHIUN:20141004105612j:plain
 
今日は88.2kmも前に前進したが、自分の足ではほとんど歩いていないためゼロカウント。朝9時から歩き出して間もなく、目を疑うほどの面白い出会いがあった。
なんと中国の三輪車"トゥクトゥク"に乗って旅する外国人三人組と出くわし、相乗りして今日は一緒に旅を共にすることになった。
 
f:id:SHIUN:20141003090419j:plain
成都トゥクトゥクを2000元(3万5千円)で手に入れたというオーストリア出身のリッキーに、ジョーは雲南省昆明で大学生をしていて、マイクはビール輸入関連の仕事に携わっている。ジョーとマイクの二人はイギリスの出身。
そこに突如自分も加わることとなり、多国籍の愉快な仲間たちとトゥクトゥクに揺られながら、何が起こるか分からない破天荒な旅に乗っかった。
 
今日の国道318の道のりは昨日よりも悪く、デッコボコの上り坂の道が続き、道は狭く車の渋滞も頻繁に起こり、それに大量の荷物と四人も乗っかるとトゥクトゥクは坂道では進まなくなってしまうため、降りてトゥクトゥクを後ろから押して発進させることが度々あった。
 
f:id:SHIUN:20141003092428j:plain
さらに途中、狭い道で反対車線から来るトラックと挟み撃ちになり、どう考えてもぶつかるのをお互い無理やり進もうとした結果、トラックのサイドランプを破損させてしまった。逆にトゥクトゥクの方が無事で何よりだったが、50元の弁償代を支払う羽目に。
 
それでもなんとかみんなの力を合わせて上り坂を登り終えると、道は次第によくなり、時速5kmほどで歩行速度と変わらないスピードで上り坂を登りきったトゥクトゥクは元気を取り戻し、一気にスピードを上げて、下り坂を駆け下りていった。
 
f:id:SHIUN:20141003093357j:plain
長いトンネルを走り抜けていくと、今までとは別世界の景色が先に広がっていた。
 
午後3時過ぎになって泸定という街に到着しブレーキの調子が悪いトゥクトゥクを市内で直してもらい、ようやく昼飯にたどり着けた。
 
f:id:SHIUN:20141003093757j:plain
泸定桥という歴史的に有名な橋。
ちょうどこの橋の前で警察に止められ、運転免許書全員のパスポートの確認を求められたが、ただゆっくり運転するようにと注意されただけで特に問題にはならなかった。トゥクトゥクを外国人が運転し、乗っているのを見ると、中国人は面白がって車内を覗き見してくる。
 
トゥクトゥクの修理と食事をすませ、さらに50km先の康定という標高が2000kmを越える街を目指すことになったのだが、またしても続く上り坂にトゥクトゥクは苦戦し、時間帯も遅くなり、道の途中で今夜はキャンプをするプランに変更。
 
f:id:SHIUN:20141004111615j:plain
すぐそばには川が流れていて、なかなかの絶景スポットでのキャンピング。
 
テントを張り終えると辺りは間もなく暗闇に包まれ、さらに雨まで降り出したが、トゥクトゥクに避難し、後部座席に四人座り込み、小さな屋台と化したトゥクトゥクの中で、ビールを飲んで、雨が上がるまで語りあった。
 
一人もいいけど、破天荒な外国人三人組に混じって彼らの旅を一緒に一日体験できたのは楽しいものであった。
 
Total: 2184.3km
 
 
 
しうんより