読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shiunからの手紙

Live different.

電波が途絶えた山越えの三日間

Day 73, 74, 75:陈河(chenhe)- 黑河森林公园(Heihe National Park)- 东河(donghe)- 佛坪(foping)= 73.8km

西安から四川省に向け、山越え二日目から電波が入らない地帯に入り、日記を更新できずにいたので、ここ三日分をまとめて一通でお届けする。

f:id:SHIUN:20140822200815j:plain
山越え二日目の8月20日。
適度な歩行距離に宿泊できそうな場所が見つからないことを懸念し、一日で40kmオーバーを歩く覚悟でスタートした。山で目覚め、日が落ちるまで山のトレッキングを堪能した一日。歩き出して30kmの地点で、国立公園近辺の宿が見つかり、日が落ちて暗くなってからの山道を歩かずにすんだ。
晩飯時、西安からここまで5日間一緒に歩きはじめた友人Zeeが、突如徒歩からヒッチハイクで一人で成都まで行けるか試してみたいと相談され、急遽予定を変更しようとする友人に対して戸惑いもあったが、その後部屋に戻って二人でじっくり深く話して、最終的な決断は友人本人に任せることにした。


f:id:SHIUN:20140822203233j:plain
山越え三日目の8月21日。
朝起きてから、友人Zeeの決断を確認し、今日から別々になって友人はヒッチハイク成都を目指すことになった。思わぬ形でたった5日間の二人徒歩の旅に終止符が打たれ、また一人旅に戻ってどこかホッとした気持ちもあった。友人を置き去り一人で歩いていると、バイクのヒッチハイクに初成功した友人が追いつき、友人の新たな旅の門出を祝って、バイクに乗った友人は颯爽と去っていった。
f:id:SHIUN:20140822202132j:plain
友人と別れて一人になり、黙々とペースを維持して歩き、本格的な上り坂の山道を登り、トンネルを抜け、下り坂に差しかかったところで宿を発見し、この日も30km近くの山道を歩いた。


f:id:SHIUN:20140822205035j:plain
そして、山越え四日目の今日を迎えた。
昨日ですでに上り坂の山道は越え、今日は下り坂で山の麓にある佛坪という街を目指し、朝8時過ぎから歩き出した。途中で電波も回復し、昨日電波がなく、連絡が取れなかった家族に電話をして無事を報告した。その後、下りの山道を二時間ほど歩いたところで、熊猫谷という観光地に差し掛かった際、昨日車から僕のことを見かけたという家族に再び出会い話しかけられ、熊猫谷へパンダを見に招待してもらい、一緒にパンダと野生の猿を見学した。
f:id:SHIUN:20140822205325j:plain
全く振り向いてくれないパンダ。

f:id:SHIUN:20140822204909j:plain
急接近しても驚かない、人間慣れした野生の猿と。
f:id:SHIUN:20140822205737j:plain

熊猫谷でパンダと野生の猿を見学後、別の家族の目的地の街まで行く車に便乗することになり、一気に佛坪の街まで来れた。

お昼過ぎには目的地の街,佛坪に到着し、午後は旅館で一眠りして、ここ数日の山越えの疲れを癒した。

大自然に囲まれた山道を歩いてきて、森の匂いを嗅ぎながら、森に住む小鳥のさえずりに耳を澄まし、山の道中を存分に楽しめた三日間となった。

本格的な山越えは終り、明日からは汉中という街を目指し、引き続き一週間ほど歩くことになる。

Total: 1327.2km



しうんより