読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shiunからの手紙

Live different.

ありのままに、解放思想であれ

Day 47:河津市(hejinshi)= 0km

昨日の疲れが若干取れず、遅めの7時になって目を覚ました。珍しく今日のコンディションが悪くて歩く気力が湧かず、結局一日リアルでは歩き出さず、ネット上をあちこち巡り回った。

f:id:SHIUN:20140725231627j:plain

考えてみれば、いま多くの人は毎日ネット上で多くの時間を費やし、移動はほぼ自動なのでリアルではあまり歩く必要がない。そんな多数派の普通な一日の過ごし方を久しぶりに体験したことになる。一日の活動時間の大半をただ歩くことに使う人は、貧しい国々とクレイジーな人を除き、あまりいないだろう。

僕は、自分の一日の時間をこう捉えている。

歩く時間は自分とリアルにアクセスする時間。そして立ち止まる時は、休み、またはネットにアクセスする時間。常に、いつでもどこでも、自分のウェブを検索にかけている。

今日一日ほぼ動かず、ひたすらネットにアクセスして過ごしてみて思ったのは、ただネットサーフィンしてるだけでは全く意味がなく、目的を持ってネットを検索することが重要だということだ。ネットの膨大な情報の海をいくら眺めていても、決して情報の渇きを癒すことはなく、何かを捉えることはできない。自ら狙いを定め、必要な情報を絞り出し、その情報を元に行動し自分のものとして消化しなければ、生きていく上で本当の意味では何も役には立たない。ただの情報デブになる一方だ。

自分も昔、一時期モバイル中毒の症状が出ていた時があった。必要以上にスマフォを手放せず、いつも画面の中を覗き込んでいた。それが、昨年すべてを手放し、パソコンもスマフォも持たずに無一文で半年ほど旅をしながら暮らして、ひたすらリアルな世界と向き合った。それはそれで去年はすごく充実した一年になった。大事なのは、感じるときと伝えることを分けて、その両方を思いっきり楽しむことだと学んだ。そして、今年は再びデジタルディバイスを手に、感じることと伝えること双方から自分を表現することで、より楽しく旅ができている。

しかし、一日全く歩かないのは次の日に響くので、夕方には街に散歩に出かけた。

街の中心部の広場でこんなスローガンを見かけた。
「解放思想,实事求是」
「ありのままに、解放思想であれ」
中国にも、こんな考え方があるのだ。

そして、いま使用期間超えた鶏肉混入のニュースで話題になってるマクドナルド自体のニセモノを街の中で見かけた。

中国名が「麦克汉姆(maikehanmu)」 英語表記は、mike hamnとネーミングはかなり微妙。。果たしてこのお店のお肉は大丈夫なのだろうか。。。
このビジネスは国内騙しで、海外ではまずやっていけないだろう。

さて、明日からまた一歩ずつ歩みだす。

Total: 843.9km



しうんより