読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shiunからの手紙

Live different.

中国のお も て な しをしてくれるユニークな旅館

Day22:寿阳县(shouyangxian)→ 晋中服务区(jinzhongfuwuqu)= 30.5km
 
f:id:SHIUN:20140630220716j:plain
 
今日は朝6時のアラームで起きた。普段はアラームをかけないで起きるのだが、今日に限ってアラームをかけたのは、泊まった旅館が12時間の宿泊だったため、7時にはチェックアウトしなければならなかったからだ。朝食付きだったので、チェックアウトしてから朝ごはんを食べた。
 
昨晩泊まった旅館は、なかなかユニークな接客サービスだった。日本のおもてなしとはちょっと違った、"中国のおもてなし"を取り入れていた。
 
中国の接客は一般的に愛想がよくない。なんせ客をもてなす気が全く感じられない。しかし、ここの旅館は違う。まず中に入ると、「欢迎光临!(いらっしゃいませ)」と大きな声で迎え入れてくれる。部屋の説明もちゃんとしてくれて、お客さんの必要に応じて対応してくれる。
 
それから靴を一階で履き替え、預けてから部屋のある階まで案内してくれる。階段で一階から二階に上がろうとすると今度は、「一階:お客さんが二階に上がりまーす!」「二階:いらっしゃいませ!ようこそ!」と元気よく、各階の従業員がもてなしてくれる。階を上がったり下がったりする毎に、この儀式が行われる。
 
この旅館のシステムは、日本でいう泊まれる銭湯に近いのかもしれない。というのも、宿泊の他に、サウナや、娯楽施設を兼ね備えていて、一時間から利用できるようになっている。まだ開店してから半月ほどで、中国では珍しいサービスとおもてなしをしてるこのお店が、今後どう展開していくか楽しみだ。
 
 
さて、話を元に戻して、今日は8時半から旅館を出発し歩き始めた。歩き出してまもなく、ここ数日で擦れて炎症を起こし膨れ上がった右足のアキレス腱が、かなり痛くなりだして靴を履き替えた。靴を履き替えてから街の中を歩いていると、一台の車が横に止まった。見てみると、宿泊したユニークなおもてなしをする旅館の人たちで、よかったら乗っていくか聞かれた。まさかの旅人の送迎までサービスしてくれるとは、ぜひ宣伝してあげたいほど大変よくしてくれた。
 
ベンツのワゴンの高級車を運転していたのは初めて会った方で、ちょっと怖い顔をした中年の男の人から、「中国語を話せる中国系日本人だから乗せたけど、君が完全な日本人だったら絶対乗せていなかった」と告げられた。やはり中国人の日本に対する敵対心は根強い。でも、車内では日本のことについて色々聞かれ、「バカヤロウ」という日本語も飛びだした。運転手の怖顏のおじさんの他にも、僕以外に若い従業員が三人乗車していて、これから店の宣伝に向かう途中に拾ってくれた。
 
f:id:SHIUN:20140630225115j:plain
旅館の部屋まで案内してくれた王くんと。
 
市内から省道216の手前で降ろしてくれて、みんなと握手を交わしてお礼を言って別れた。
 
ちょうど車を降りる時、今度はアメリカの友人から電話がかかってきて、車を降りてから、しばらく電話で話しながら省道を歩いた。アリゾナにいた頃に出会った中国系の友人で、中国に一時帰国していて電話をくれた。しばらく連絡を取っていなかったため、お互いの近況を報告しあって、もしかしたら中国徒歩横断中に、一区間を一緒に歩くことが今後実現するかもしれない。それはそれで楽しくなりそうだ。30分ほど話して電話を切って、歩くこと一筋に切り替えた。
 
省道216の道路は、広くて歩きやすい道で、木陰もちらほらあって順調に午前中から歩数を重ねていく。12時ちょうどに道路下に小さなトンネルを見つけて、中に入ってお昼休憩を取ることにした。
 
f:id:SHIUN:20140630231024j:plain
しかし、動物の糞の匂いが強くて、お昼ご飯をこの中で食べる気になれず、違う場所を探すことに…。
 
すると、近くに木陰に憩いの場所を見つけて移動することにした。
 
ここにマットを敷いて、気持ちのいいお昼寝をした。
 
どうやらヤギのお散歩コースで、お昼寝をしてたみたいだ。
 
長めのお昼休憩を取って、午後も快調に歩き続けた。予定してた目的地の村に午後三時過ぎに到着したものの、この村に宿泊できる宿がなかったため、暑い昼下がりに仕方なく、宿泊場所が見つかるまで前進するしかない。
 

http://instagram.com/p/p3yJwfQEmm/

美しい自然の景色に歩く気力をもらった。

f:id:SHIUN:20140630233440j:plain
 
今日も丸一日歩いて、高速道路のパーキング内にある旅館に辿り着いた。
 
日本国籍のせいで、宿泊手続きが面倒なことになり、警察まできて確認するなどして、かれこれ一時間ほどかかったけど、なんとか有難いことに宿泊までこぎつけた。
 
旅館の窓口のお姉さんが、もう辛い歩くのはやめて、明日は市内まで40分で行けるバスが朝8時に出るからそれに乗っていきなさいと説得されたが、歩くことをやめさせるのは誰にもできない。
 
Total: 431.6 + 30.5 = 462.1km
 
 
 
しうんより